おつきじんじゃ

小槻神社

神のます御池をここに遷すより幾世経るとも濁りさすまじ

青地河内守重頼

小槻神社の公式ホームページへようこそ。

小槻神社は滋賀県草津市青地町に御鎮座。延喜式神名帳に載るところの栗太郡八座の内にあり、第11代垂仁天皇の皇子 於知別命より出で栗太に連なる山脈を守った名族小槻山君の氏人が祖神を祀り産土神としたことを始めとします。旧記によれば貞観2年(860年)正一位小槻大明神の宣旨を賜うとあり、貞観5年(863年)八幡社、神明宮、布九王子社、八幡宮(馬場町、追分町)、小路井社(現小汐井神社)を勧請したとされています。天徳4年(960年)志津池(香ノ池)の傍らに遷座の時より池宮と称えられ、天正9年(1581年)宗源宣旨「正一位池ノ宮大明神」の号証が現存します。貞治3年(1364年)青地城主青地頼定が願主となり御神輿を奉献。


小槻神社令和修復 御本殿遷座祭

令和3年10月、3年間にわたって進めてまいりました「令和修復事業」の全ての工事について竣工を迎えます。

美しい檜皮の屋根に覆われ、各所が若がえった御本殿へ、小槻大神が浄闇の境内をお遷りになる神事「御本殿遷座祭」を10月24日(日)午後7時から斎行いたします。神事は、当日設置させていただく拝観指定区域から、どなたでもご拝観いただけます。どうぞみなさま、小槻大神のお遷りをおみおくり、お出迎え下さい。「案内チラシなど」のページに案内を掲載しています。どうぞご参照下さい。


令和3年 「もみじまつり」と「七五三詣」

令和3年の「もみじまつり」「七五三詣」についてその概要を決定しましたのでお知らせします。

案内チラシなど」のページもどうぞご参照下さい。

 



晩秋の夜の境内に映るもみじと、かがり火、美しく優雅に奏でられる生演奏。

多くのみなさまがご参拝になり、お楽しみ、お喜びいただいたと感じております。このひとときが、みなさまを清らかな心地に導き、活力になれたならば幸いです。白縹(しろはなだ)のみなさん、ジャービンさん素晴らしい生演奏をありがとうございました。

もみじまつりは毎年11月23日(祝・勤労感謝の日)、小槻神社「新嘗祭」の祭日夜に開催いたします。来年の開催をどうぞ楽しみにお待ち下さい。 

小槻神社では毎年10本のもみじを植樹し森を育てています。10年で100本の植樹計画です。昨年までに既に30本の奉納をいただいております。今年で4年目、今年ももみじの苗木10本の奉納を承ります。詳細は小槻神社社務所までお尋ね下さい。

 結びに、コロナ対策の為、手指の消毒や観覧席の間隔保持など、お越しいただいた皆さまにはご協力ありがとうございました。企画、準備、実行に関わっていただいた関係者の方々、お疲れさまでした。皆さまのご多幸を祈念いたします。


お知らせ

令和3年10月24日ブログに「御本殿遷座祭」を掲載しました。

令和3年9月29日 「御本殿遷座祭」 「もみじまつりと七五三について」記事を載せました。

 

令和3年8月22日ブログに「令和修復 檜皮葺き体験・見学会」を追加しました。

令和3年8月21日令和修復事業に檜皮葺き体験会・見学会のようすを掲載しました。

令和3年8月14日ブログに1件追加しました。

令和3年8月1日案内チラシなどに、奉祝事業実行委員会からの、御本殿檜皮葺替え工事の「体験会」および「見学会」と近隣在住者対象の巫女舞参加者募集のお知らせを掲載しました。

令和3年7月22日ブログに「涼しいお知らせ」を掲載しています。

令和3年7月2日ブログに1件追加しました。

令和3年6月23日「夏越大祓について」お知らせを掲載しました。「令和修復事業」に写真を掲載しました。「案内チラシなど」もご参照下さい。

令和3年2月14日ブログに1件追加しました。

令和3年1月15日ブログに1件追加しました。

令和2年12月19日「案内チラシなど」に小槻神社だより~年末年始の巻~を掲載しました。

令和2年12月18日ブログに1件追加しました。

令和2年12月1日ブログに1件追加しました。

令和2年11月28日ブログを1件追加しました。

令和2年11月14日 ブログに「令和2年もみじまつりについて」を追加しました。

令和2年11月7日 ブログに「立皇嗣の礼」を追加しました。

令和2年11月1日ブログに「拝殿で弦楽演奏会」を追加しました。

令和2年10月29日ブログに「もみじの葉」を追加しました。

令和2年10月18日ブログに「早穀祭」「奉祝事業実行委員会」の2件を追加しました。

令和2年9月25日「案内チラシなど」に七五三詣、もみじまつりなどの案内を掲載しました。